VOICE

先輩たちの声

校舎長の経験をいかし、
新たなビジネスの創造にも
挑戦していきたい。

札幌校
校舎長
/ 2012年入社 鈴木 真人

キョーイクが選ばれる理由は
徹底した個別システム×人間力

「個別」をうたう塾や予備校は多々ありますが、キョーイクほど個別を徹底しているところはありません。長年、さまざまな教育現場に携わってきた私はそう思っています。個別授業、個別カリキュラム、個別担任、個別受験戦略…。これらはあくまでシステムであり、運営スタッフひとりひとりの裁量で工夫を施すことで、はじめて商品として成り立ちます。それが他社との差別化につながるのです。もちろん、人と人の血が通った教育を提供するスタッフには、それなりの苦労が伴います。でもキョーイクでは、努力した分だけ、賞与や人事といった目に見える形で反映される。ポジティブな人には、ポジティブな評価を与えられるところが魅力です。

人をどう動かすかではなく、
自分がどんな姿勢を貫くかが重要

現在は札幌校の運営責任者として、営業力の強化、売上目標の達成、内部充実のための施策、スタッフの育成・管理などを任されています。また、「地域No.1の医学部専門予備校」という認知度を普及させるための広報活動も私の仕事。キョーイクでは、各校舎の方針や采配は、すべて校舎長に委ねられています。私が意識しているのは、人をどう動かすかではなく、リーダーである自分がどんな姿勢でいるか。自分が前に出る部分、出ない部分の線引きをし、任せる仕事を明確にする。スタッフ自身が考える機会をつくる。そうすることで、人は飛躍的に成長します。さらに内部充実に務め、他校舎から欲しいと思われる人材を育てていきたいです。

校舎運営から新規事業まで、
キャリアアップの道はさまざま

売上目標をクリアした時の達成感。その喜びを、ほかの校舎長たちと分かち合う充足感は、何ごとにも代えがたいもの。私たちは、自分の校舎の目標達成だけではなく、会社全体の利益を追求しています。そのため、他校舎をフォローしたり、苦戦している校舎に役立つ情報を提供することも当たり前。この社風は魅力的だと思います。私個人としては、今までの経験をいかして新規事業にも積極的に関わっていきたい。医学生・医師のサポート事業はすでに始動しているし、まだ秘密ですが個人的に事業計画を練っている企画もあります(笑)。キョーイクには、さらにビジネスを拡大させるポテンシャルがある。そう確信しているからこそ、挑戦を続けていきます。※このページの内容は2018年12月時点のものです